white-arc-3.png

toorPIA: 高次元ビッグデータ教師なし解析エンジンで

​様々な社会問題を解決

マーケットをよく知るパートナー企業と連携

toorPIA技術を活用して誰でも分かるリスクの見える化を実現

根本的に課題を解決するためにデータ並列処理・実装などを含めたトータルサポート・ソリューションを提供

インフラ・産業・アカデミックリサーチ分野など様々な業界で利用実績を上げています

 

インフラ

道路劣化診断サービス

 

 toorPIAのテクノロジーにより、車で道路を走るだけでその日の道路の劣化状況を簡単に把握することができます。車に搭載されているセンサーから得られたデータを自動解析し、最新の劣化状況が随時アプリで確認できるという、使い勝手の良いオペレーションを実現しました。道路維持管理を行なっている管理者・オペレーターにとって一刻一刻変わる劣化状況を分かりやすく見える化することで道路劣化による事故を防ぎ、人々へより安全な運転を提供しています。福島県をはじめとする地方公共団体で実証実験をしています。

道路Constuction
 

​産業

機器予兆保全サービス

 

 産業ロボットなどの様々な機器にデバイス(toorPIA Edge・トピアエッジ)を適用するだけでデータの自動収集と解析を開始。それぞれの機器の状態をリアルタイムで見える化しました。これにより、常に自動で状態を監視できるだけではなく、これまでに起きたことのないような未知の異常や不具合の予兆も検出でき、動作異常が発生する前に現場の管理者が具体的にどのような対策をとるべきか示せるという、オペレーションレベルにまで落とし込んだサービスを提案しています。このシステムによって未然に事故や機器の故障トラブルを防ぐことができます。

機械の作業エンジニア
 

​アカデミック

大学と共同研究

 

 toorPIAはビジネスだけではなく社会問題解決のため将来的なソリューションへの第一歩として、日本の大学だけに留まらず海外の大学と協力して共同研究や開発を行なっています。

 

    (EMERGING INFECTIOUS DISEASES 新興感染症 )

ピペッティングサンプル試験管